【演奏後記】トルコ大使館で演奏でした。

今日は大使館で行われた、

外語大のトルコ語学科の学生さんの朗読会に

トルコと日本の国歌と、トルコ古典音楽を中心の

演奏で花を添えさせて頂きました。





久しぶりの合奏で、トルコ音楽の美しさは、

個々の楽器との重なりの中にあるのなと思いました。トルコ大使館は大理石の響きも美しくて、

演奏していて楽しい。


大使はじめ、大使館の皆さんや、

先生方、学生さんにも楽しんで頂き、本当に良かったです。コロナ禍で久しぶりの大使館。

久しぶりに大使館ごはん。美味しかったなぁ♡





スタッフの方ともたくさんお話しできたし、

とても良い午後でした。


実は今回のために、トルコ国歌の詩を勉強して、

読めるように練習したのに、アピールするの忘れた(笑)付き合ってくださった先生、すみません。

トルコでは、トルコの国家は過去の戦争で亡くなった方々を思い、2度と起こさないようにと、日常の様々シーンで歌われると習いました。


しかし久しぶりに毎週のようにウードと合わせていて、当たり前だけど、ウードとカーヌーンの相性は抜群だなと思うばかり。

少しずつ演奏の仕事が戻ってきて、毎日たくさんの方と再会出来て嬉しいです。


日々色んなことがありますが、音楽が私の生活のど真ん中にあることに、感謝しています。