【ライブ情報】明日大阪でアラブ音楽ライブです♪

源氏物語に出てくる須磨にいます♪

今日は友人の結婚式💒

ガーデンウェディングに最適の、

雲のある晴れ間✨✨

ちょっとだけ演奏します♪♪ワクワク!





そして明日の日曜日は大阪は北浜チャクラで

アラブ音楽トリオ「ボクラ」のみなさんと

ライブです♪





今回メインで演奏させていただく、

「ニール」という曲は、

アラブヴァイオリン界のデジェンド、

アブドゥ・ダーゲル先生の作品です。

あの黄金期最大の歌姫、ウンムクルスーム

のオーケストラにも参加し、

コロナ禍で亡くなるまで、長きに渡り、

ご活躍された偉大な先生です。

私が初めてエジプトに行った時、

木村さんとレッスンを見学させていただいて、

その現地でしか感じられない空気感に

圧倒されたのを今でも覚えています。




そのあと、ご縁があってサウジアラビアへ、

お仕事で演奏しに行かせていただきました。

当時はまだ観光では入れず、特に20代の独身女性が仕事でも入ることは難しい中、

入国出来たのは、周りの皆様のおかげでした。





その時在日本大使館コンサートで演奏したのが、

「ニール」でした。





同じく演奏家として、サウジの国の音楽家さんたちも演奏されていて、本場のハリージを聴かせていただきました。そして客席から私たちの演奏を聴いてくださってました。

当時は音楽などエンタメも解禁される前で、音楽が演奏されること自体めずらしく、音楽家さんも貴重な存在でした。

その音楽家さんたちが目を輝かせて、ニールの演奏を聴いてる姿に、エジプト黄金期の華々しい時代と、深い深い尊敬を感じて、

そして海を渡ってダーゲル先生が聴きに来てくださってるような気がしました。


そういった経験は前にもあって、

大学のリサイタル講座の時、マリンバスピリチュアル を演奏した際、隣に安倍圭子先生が居てくださるような気がしました。


不思議だけど、それはたぶん音楽の持つパワー、音楽家さんの持つ作品への愛なのかなと、思ったりします。


サウジの旅から戻って、次に行ったのは、

大阪でした。

あの頃は色んなことがありすぎて、

でもそれでも、なんだか次へのバイタリティーに溢れてて、そんな時でした。

メインに弾いたのはニールでした。

大阪のお兄さまたちは優しく、楽しく、

未来に導くようなパワーで

背中を押されて、演奏をさせて頂きました。

なんかキラキラ、ワクワクしてたなぁ。






今回、久しぶりのアラブ音楽ライブを

大阪でとのことで、難曲ながら、

私からこの曲をリクエストさせて頂きました。


さんぺーさんではなく充さんでのトリオで

たいこも違うし、また違った大阪でのニールに

なるのかなと思います。


そしてニールはもちろんバイオリンがメインなので、しんいちさんの素晴らしいソロもお楽しみに♪


たくさんの方にご予約いただき、

ワクワクしていますが、

お席もう少しあるみたいです🙆‍♀️

コロナ禍でもあるので、

ご予約頂けますと嬉しいです♡